ゼノブレイド2攻略感想(13)ヒカリとメツ、二人の天の聖杯。傭兵団解放と夢遊病のヒカリちゃん

      2018/08/15

「これが天の聖杯…」

 

皆さん、こんにちは!

ゼノブレイド2攻略感想第13回、始めて行きましょう!

前回ヴァンダムさんが死んでしまいました・・・(´;ω;`)ウゥ

・・・と、今回は元気良く行くんでしたね!

よし!(`・ω・´)キリッ

では前回の続き、メツとヨシツネを追い返したところから再開です。行きましょう!

※記事内、ブログ内でガンガンネタバレしています。ご注意ください。

SPONSORED LINK

ゼノブレイド2攻略感想(13)

天の聖杯”ヒカリ”

では、冒険を再開して行きますか。

ヴァンダムさんの墓の前でガッチリ誓いを立てたところからです。

やってやるぜ、ヴァンダムさん!( ゚д゚)

さて、メツ達を追い返したということで、改めて”何が起こった”のか。

ホムラに聞いてみることになりました。

と、そういえば、いつの間にか戻ってたんですね。

”ヒカリ”から”ホムラ”へ。

ただ、とても言いにくそうで。

ま、わかりますがw

そんなホムラがモジモジしていると・・・

ババーーッン

と、本人が出てきてくれました。

そして、急に怒られてしまいました(゚△゚;)

この”ヒカリ”さんは、出てきてからずっとしかめっ面のままですね。

それだけ怒っているのでしょうけど。

というか・・・おっぱい丸見えだ( ゚д゚)ドーン

ふむ。

どうやら相当ご立腹なようで。

かなり決意して、”この姿”にならなかったようです。

(パンツも丸見えだ( ゚д゚))

そうでしたね。

言ってました・・・ヴァンダムさん・・・

逃げろって・・・

・・・。

それでも、レックスは・・・!

「君を守りたかった」と。

ただただ真っ直ぐ、

ヒカリに、そう伝えるのでした。

そして、その真っ直ぐな思いを受けたヒカリさんは・・・

|・ω・*)チラ

「以上、あとよろしく」

と言って、

ホムラへと戻るのでしたー。

・・・ふむ(*´ω`)

ヒカリだけが一方的に人格を入れ替えれるんですね。

しかし、ヒカリはツンデレキャラなのか?w

まあ、でも封じていたかった、てのは”本気”のようでした。

ま、その辺の詳しい話は”天の聖杯”の許しも出たことですし。

改めてホムラさんに聞いてみましょう~

 

第四話 天の聖杯

えええええΣ(°Д°υ)

メツも天の聖杯だったのおおおお!?

・・・ということで、いきなり核心から話してくれました。

そういうことかぁ・・・

だからホムラと同じように”記憶の中の楽園”へと入れたんですね・・・

つまり、あの”闇の力”みたいなのも、”天の聖杯”の力だったと・・・

そりゃ、強いわ(; ・`д・´)ナットク

さて、ここからどのようにして”天の聖杯”が、この地上に持ち込まれたかを話してくれました。

何やら、一人の男が”神”に会うため世界樹を登って来たそうです。

・・・ガッツリ生身で登っていますねw( ゚д゚)

こちらがその楽園を目指した方

どうやら無事、楽園へと到達したそうですが神様には会えなかったみたいですよ。

ただ、楽園へとたどり着いた証としてコアクリスタル(ヒカリとメツ)を、持ち帰ったそうな。

そうかぁ、メツも”ブレイド”だったんですね~

まったく気付きませんでした・・・w

でも、”ザンテツ”と同調していましたよね?

あれは、どういうこった(。´・ω・)?

で、その男は「メツ」をこの世に解き放ったんだとか。

右→側のコアクリスタルですね。

てことは、この人がメツのドライバーになるのか?

それとも世に放っただけ?

まあ、その辺は今後分かるのかもですね。

・・・で、この人だれ?w

ふむ。

目覚めたメツは、世界を滅ぼそうとしたそうです。

なるほどね~( ー`дー´)

ここから察するに、元々「天の聖杯」は、世界を消し去るものとして生まれた、っぽいです。

つまり、ホムラ・・・ヒカリも世界を消すために存在したと・・・。

前回、メツとのやり取りであった”俺達”ってのは”天の聖杯”のことを指していたんですね。

もともと、世界を消すのが本当だろう、って。

いや~、神様もなかなか捻くれていますね~

こんなものくれるとは・・・(*´ω`)

しかし、ヒカリは世界を消さずにメツを止めた

一人のドライバーの声に応じて。

と、いうことだそうです。

ふむ。この辺も何か理由があるのかな?

どうやら、今は明かされないようで、今後に期待しますか。

ちなみに、このときのドライバーが”アデル”だそうです。

第11回に見た、演劇はここを表現してたんですね。

しかし、「古王国イーラ」ってのが気になるぞぉ・・・w

どう考えても、シン達の”イーラ”の元ですよね・・・

・・・ま、今は単語だけ覚えておきますか。

そして、その後メツとの戦いの中で、3つのアルス(巨神獣)が沈んだ、と。

なるほどね~

これが歴史として語り継がれていて、メレフが知っていたわけか。

・・・ていうか、サラッと”ロボ”が登場してますね・・・w

”ギア”か”ドール”か、この”兵器”が天の聖杯の最大の力と見ていいでしょう。

天の聖杯ヒカリは、メツに勝利した後、その力が今後目覚めないように人格ごと封印したそうです。

そして、アデルがあの古代船で沈めたみたいですね。

で、今に至る、と。

これが500年前に起こった「聖杯大戦」の真相だそうです。

なるほどね~

いろいろと繋がってきましたね(*´ω`)

ちなみに、じっちゃんもこの時その戦いに参加していたらしく。

だからホムラとも知り合いだったわけですね。

ハイ。運命、頂きました。

でなければ、ヒカリは目覚めなかったと。

もし古代船でシン達に奪われていたら、ヒカリは一生起きなかった。

でも”レックス”だったからこそ、レックスがピンチになったからこそ・・・目覚めたと。

そういうことですかね?(*゚ρ゚)

確かに、”ヒカリちゃん呼び”は気になりますね・・・w

本当の目的?

メツ?ん?

ここ、スゲー違和感ある。

コクリ。

と、ホムラは頷いてますが・・・

んー?(*一一)

ま、とりあえず今はメツを倒すことも目的だということですね。

楽園を目指し、そしてメツも止める。

これが、今のレックス達の新しい目的になったようです。

 

もう一人の人格”ホムラ”

ということで、本当の天の聖杯はホムラではなく”ヒカリ”だということが分かりました。

”人格”がもうひとつある、というのは今まで散々伏線がありましたが・・・

まさか、天の聖杯でも無かったとは驚きでした。

ちなみに、ホムラの力は天の聖杯の余剰エネルギーからきているものだそうです。

そういえば、本来の属性は違うものだ、とも言ってましたもんね。

つまり、火属性ではなく”光”属性だったと。

なるほどね~

そしてそのことを・・・

真実を知ったレックスですが。

特に今までと変わりなく。

いや、それ以上にホムラの力になることを決心したようです。

いよッ、さすが主人公!

(*´ー`)

 

人とブレイドの融合体

出発の朝。

ミノチさんから、楽園へ行く手掛かりになるであろう”短剣”を頂きました。

”渡したい物がある”といっていたヤツですね。

この短剣の持ち主が楽園への道を開いてくれるらしい。

ふ~ん。

ミノチさんのドライバーだった人かぁ

・・・え?Σ(゚◇゚*)

ということで、実はミノチさんは”ブレイド”だったようです。

マジかああああΣ(°Д°υ)

確かにコアクリスタルが付いてますね。

いやー、これは全然気付かなかった・・・w

だから、500年前のことを知っていたのか。

ん?(。´・ω・)?

そういえば、そうですね。

ブレイドは確か、不死身みたいなものだったはず。

歳も取ってるし病気っぽいし、どういうこった?

忌避の者マンイーター??

お、おぉ・・・(゚△゚;)

急に”ゼノ”っぽい要素が・・・

どうやらミノチさんは、人とブレイドの融合体、みたいです。

人と融合したブレイドは、より特異な能力を身につける可能性があったらしく、聖杯大戦以前より作られていたんだとか。

しかし成功例は少なく、ミノチさんは失敗した一人だったようですね・・・

だから、寿命があり病気などにもなるのか・・・

そして、その寿命が消える前に、この短剣を託したかったと・・・

ええ人だ・・・(*´ω`)

と、ここでレックスからのお願いが。

おお、ヴァンダムさんの物語

ふむ(*´ω`)

まだまだミノチさんも現役でやってもらわないとですしね!

ヴァンダムさんの物語、期待しましょう!

SPONSORED LINK

傭兵団 解放

では、短剣の持ち主がいる”アーケディア”へと行きますか~

・・・

お?(*゚ρ゚)

この人は確か・・・

ヴァンダムさんの側近的な感じの人だったか?

名前は”ズオ”さんでしたね。

ズオさんによると、何やらヴァンダムさんから託されたことがあるらしい。

なんだろう?( ゚д゚)

と、詳しくは”フレースヴェルグの村”でするみたい。

ふむ。余程重要なことっぽいですね。

”ストーリークエスト”にもなっているみたいですし、アーケディアへと旅立つ前に寄ってみますかー

 

フレースヴェルグの村へ

さっそく、フレースヴェルグの村へとやって来ました。

もう一人の側近であった”ユウ”さんより、ヴァンダムさんから言伝を預かっていたらしい。

これは、相当重要っぽいぞ・・・

一体なにを・・・?( ゚д゚)ゴクリ…

よ、よしッ!

どんと来い!(`・ω・´)

な、なんだってえええ!?Σ(°Д°υ)

そして、短ぇええええ(゚△゚;)

い、いや・・・w

ホントにどういうこっちゃw( ゚д゚)

ま、まあ確かに・・・

ヴァンダムさんっぽいですが・・・w

それにしても(゚△゚;)

そして、ここで問答無用な選択肢が・・・

なるほど、そう来ますか(; ・`д・´)

・・・。

・・・よーし、分かったぜ!

引き継いでやろうじゃないか!

ヴァンダムさんの意志と共に!

ということで、フレースヴェルグ傭兵団を引き継ぐことになりました。

 

傭兵団

傭兵団を引き継いだことにより、これまで長らく「???」だったメニューの項目に「傭兵団」が追加されました。

さっそくパラっと触ってみましたが、完全自動型のシステムっぽいですね。

もちろん、まだちょっとだけしか触れてないので、今後増えていく可能性もありますが。

やり方は、簡単。

傭兵団の項目から自分のやりたい依頼を受けて、手持ちのブレイドに調査に行ってもらうだけです。

「任務条件」を満たすブレイドを入れ、「X」ボタンで任務開始ですね。

ま、ここまでゲームを進めている”猛者の方々”なら、この程度のシステム問題ないでしょう(*´ω`)

”所要時間”は最低30分と結構長めなので、ひとつの任務が終わったら次々行った方が良さそうですね。

任務は始めから用意されている物や、上のような”傭兵団マーク”付きの住人に話しかけると増えていきます

たまに散歩がてら、街の人の会話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

ブレイドの経験値も増えますし、やっておくにこしたことは無いと思います(*´ω`)

SPONSORED LINK

”アーケディア”へ向けて

では、傭兵団を引き継いだところで。

”アーケディア”へと出発しますか!

アーケディアへは、まず”アヴァリティア商会”へ行く必要があるみたいです。

一番始めに行った街ですね。

ルート的には、「アヴァリティア商会」→「スペルビア帝国」→「アーケディア法王庁」という予定みたい。

では、さっそくスキップトラベルで・・・!

と、ストーリー上はちゃんと船で行かないとダメなのか・・・w

では、スキップトラベルで首都フォンス・マイムの港へ飛んで、船に乗ってアヴァリティア商会へ行きましょう!

・・・二度手間だw(*´ω`)

ハイ、着きました~”アヴァリティア商会”です。

と言っても、クエストなどでチョロチョロ戻って来ているので、新鮮味はありませんけどw

さて、次はスペルビア帝国でしたね。

スペルビア帝国というと、確かメレフとカグツチがメインで所属していた国でしたっけ。

あの時は、グーラ領がスペルビア帝国の属国、ということで来ていたようですが・・・

今回は、ガッツリ絡んで来そうですね(*一一)

後、インヴィディアと開戦間近、という国でもあります。

一応、警戒しておきますか。

というわけで、出航は明日となりました。

今日は、宿屋で一泊ですね(*´ω`)

 

夢遊病のヒカリちゃん

あー、ワザと見せてるんじゃ無かったんですね~

一応、恥ずかしいと思う気持ちはあったのか・・・w

これは、新事実が発覚しました( ゚д゚)

・・・・・・

・・・

ということで、夢遊病のヒカリちゃんでしたー( ̄¬ ̄)

 

まとめ

さて、今回はこの辺で区切りますか。

次回は、スペルビア帝国へ出発するところからですね。

いやーしかし、まさかの”ヒカリさんエロキャラ扱い”にビックリですな( ゚д゚)

前回とのギャップがあり過ぎて、反応に困るぜ・・・w

 

では、今回はここまでにしましょう。

エロ万歳ッ!()

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

  • ゼノブレイド2感想次回
  • ゼノブレイド2感想前回
  • ゼノブレイド2関連記事

おすすめ記事ピックアップ▼

 - ゼノブレイド2, Nintendo Switch