ふっきー雑談

【雑談】ISLAND(アイランド)というゲームで踊らされまくった感想【PC/PSVita/PS4】

皆さん、こんにちは。

今回は、先日クリアしたISLAND(アイランド)というゲームの感想を書いて行きたいと思います。

フロントウイングから出たノベルゲームですね。

考えさせられるギャルゲーというか、いやー本当にいろいろ”踊らされました”よw

何度「あ、なるほど、そういうことか!」と思い。

そして、何度「え、違うの・・・」と思ったことかΣ(ノ∀`*)ペチッ

では、元気よく感想を書いて行きましょう~

最初から全開バリバリ「ネタバレ有り」で行くので注意です!

ISLAND(アイランド)の感想【ネタバレ注意】

ではまず、オーソドックスにルートごとの感想から行きましょうか。

ちなみに、”ISLAND”はPC・PSVita・PS4で出ていますが、私はPSVita版をプレイしました。

夏蓮ルート

まずは、夏蓮ルートから。

夏蓮のお話しは、ただただ普通の”ギャルゲー”という感じでしたねぇ

「島から出るぞー!」という合い言葉片手に。

大した驚きもなく、夏蓮とのやり取りだけで最後まで行きました。

まあ、夏蓮自体とても魅力的なキャラクターなので、全然退屈することなく突っ切れましたがw

この「ISLAND」というゲームを語るには、まだ肩慣らしのルート、といったところかもしれません。

逆に言うと「夏蓮だからこそ」普通のギャルゲーでも投げ出さずクリアできた、というところッスね。

良いキャラだったと思います(*´ω`)

紗羅ルート

続いて、紗羅ルート。

このあたりからですね。

この「ISLAND」というゲームがタイムリープものじゃね?と感じだしたのは。

いやまあ、オープニングから主人公本人が「未来から来た」と言ってるので、それはそうなんでしょうけどw

夏蓮ルートがあまりにも普通だったので、この時点の私の中では、まだどっちつかずな感じでした。

ちなみに、紗羅というキャラクターですが、もしかしたらこのゲームの中で一番好きかもしれません。

一本頭のネジが飛んだキャラクターってスゲー惹かれるんですよね(*゚ρ゚)

いきなりのバッドエンドでも驚かされましたしw

目が離せないという意味でも、好きなキャラでした。

凛音ルート

さて、続いて本作のメインヒロイン凛音さんのルート。

いや、正確にいうとメインヒロインじゃないんですよね彼女。。

この辺のミスリードも本当に上手いというか。

もうズバッと言いますけど、娘ですよ娘、主人公の。

ゲーム内の伝承で、セツナとリンネは血縁関係(兄弟)で結ばれない。

ってありましたが、その辺メチャメチャ腑に落ちてしまいました。

親子じゃ結ばれないなーなるほどねーと。

もしかしたら、ゲーム内で一番報われないキャラクターかもしれません。

さて、そんな凛音さんのルートですが、ここからISLANDというゲームが一気に動き出した気がします。

  • 凛音の死
  • 「コールドスリープマシーン」の登場
  • 凛音の死を回避するため未来へ!

と、ついにタイムトラベルものが始まったかと!心が踊りましたよ。

まあ、正確には一方通行で違うんですけどw

では、続いて冬編!

冬編(ネバーアイランド)

ここのタイトルが「アイランド」から「ネバーアイランド」に変わったの鳥肌たったわー

ニクイ演出だねぇ( ゚д゚)

ということで、主人公セツナさんが、未来へのタイムトラベルに成功したところから再スタートした冬編。

ここでやっとこのゲームのメインヒロインが登場します。

リンネちゃんですねぇ

この娘がまた良い娘で・・・

というか、この冬編の末期感ハンパ無かったですね・・・w

当たり前のように、自らの身体を売っている状況なんて辛いわ。。

カレンがその辺抵抗なく話している感じがスゲー悲しい気持ちになりました。

さて、そんな世界を救うため動き出した主人公とリンネ。

タイムマシーン(実際はコールドマシン)を使って、いざ過去の世界へ(実際は未来へ)!

真夏編

過去に戻ってきた主人公は、残っていた記憶から理想的な選択肢を選び、ついに凛音の死を回避。

そして・・・結婚へ!

「そんなの許さねえええ」

と言わんばかりに、トゥルーエンド「Re:」編へ。

Re:

全てのネタばらし。

実は、過去へのタイムトラベルは一切行われず。

なんと、コールドスリープマシンによる未来への”一方通行タイムトラベル”だけが行われていることが判明しました。

いやー、ここはマジで驚かされましたわ( ゚д゚)

つまり、2万年周期で同じ時代がループしてる、と。

まさかの主人公がループしていたのではなく、世界そのものがループしていたってね!w

これは完璧に、シュタインズゲートとかタイムリープものに慣らされた裏を付かれた感じッスね。

一本取られたというか。

この事実を知ったとき、「おおおおお」と思わず声が出るくらいビックリしましたw

いや、お見事ッス。

そして、もう一つの真実。

実は、冒頭から登場していた凛音の母”玖音”が冬編で登場したリンネだったー

という訳ですね~

こっちは、まあある程度予想できまいたけど。

それでもやっぱりビックリしましたねー( ゚д゚)ヤラレタゼ

でも、ちゃんと巡り会えてよかった・・・(´;ω;`)ウゥ…

ミスリードのオンパレード(良い意味で)

このゲーム、本当にミスリードが多かった。。w

最後の最後でやっ~~と、一方通行タイムトラベルものだとわかりましたが。

それまでに、もうどれだけ伏線というか、バレないように周りを固めていたか・・・

冒頭でもいいましたが、もうメチャメチャに踊らされましたよ。

  • 「タイムリープすんのか。しないのか。」
  • 「やっぱすんのか。しないのか。」
  • 「って、すんのんかーい。しないんかーーい。」

みたいなねwww

もうずっとこれをゲーム内で繰り返していたように思うw

もう有りすぎてどれを引っ張ってきたらいいか分からないので、とりあえず1番酷いのを(良い意味で)紹介しますけど・・・w

↑これねwwもう酷すぎww

「主人公はやっぱり高い文明からやってきた人物じゃないか?」

と匂わすためだけに登場した女の子w

わざわざ一枚絵を書いて、ここまでしますかい??

というくらいのミスリードでした。

ベスト・オブ・ミスリード賞をあげますw進呈ですよw

もうアッパレッス(∩´∀`)∩

ISLANDの感想 まとめ

以上、ISLANDの感想でした。

いやー、でもまさか”タイムリープしない”まま終わるとはビックリしました。

主人公じゃなくて、世界をリープさせる訳ッスねー

考えたなーすげーなー( ー`дー´)

もちろん気になる点が無かったといえば嘘になりますが。

それでも大まかには辻褄のあった完成されたストーリーだったと思います。

ホントスゲー満足です(*’▽’)オモシロカッタ~

 

というところで、少し長い感想になりましたね。

そろそろ終わりましょうか。

ISLANDサイコー!

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。